プラステンアップ 病気

子供もある程度の年齢になると身長差が出てきますね。
幼稚園や小学校になるにつれ、背の高い子・低い子の差は大きくなります。
となると身長の低い子のパパママは「なんでうちの子は背が伸びないんだろう」不安になりますね。

一般的には「遺伝」が原因であるといわれていますが、実は原因が病気である可能性もあるのです。

本来、身長は骨が成長するにつれて大きくなっていきます。
成長ホルモンはもちろんのこと、甲状腺ホルモンなど様々な成分に刺激を受けて骨が成長するんですね。
このほかにも、走る、飛ぶなどの外的要因を受けることで骨の成長は促進されます。
ごく最近の研究結果では、「骨(足の骨)はランニングなどの衝撃を受けることで成長・補強されて強くなる」ということが分かっています。

なぜ骨が成長しなくなるのか?

これも一概には言えませんが、成長ホルモンをはじめとする様々なホルモン異常・染色体、骨の異常。
さらには臓器の異常が原因で身長が伸びないこともあるのです。
ただ、もっと心配なのは“家庭環境”でも身長が伸びない原因を作ってしまう可能性があるということ。
例えば夫婦喧嘩や家庭内暴力など。常に家庭内がピリピリした空気では、子供たちにも重大なストレスを与えることになりかねません。
このストレスから精神的な病を発病し、ホルモン異常などを引き起こすことは有りうるのです。
ホルモンが正常に分泌されなくなった結果、成長を阻害してしまいます。

どう考えても子供の身長に違和感を感じたら、できるだけ早く医者に相談することをおすすめします。

まずは

家庭環境を改めて見直す

子供たちはできる限りのびのびと育てる

この2つを念頭に置いてみてください。

子供が元気に外で走りまわるのは、外的刺激をたくさん受け、成長を促進させる意味もあるのです。

間違い?!『身長は遺伝』ではなかった!

親の身長が低い=子供の身長も低い。なんてまことしやかに囁かれていますが、実はこれほぼ間違いなんです。
プラステンアップ 身長プラステンアッププラステンアップ

◆どうしたら遺伝を越えられる?

身長を伸ばすことの基本は変わりません。

・しっかりと成長に必要な栄養素を摂ること。
・質の良い睡眠を充分にとること。
・元気に運動していること。
・ストレスや心に負担が無いこと(心の健康)

この4つが子供を成長させるのに必要なポイントなのです。

しっかり食べて、いっぱい遊んで、ぐっすり眠る。かわいい寝顔を夫婦で眺める。
こうして言ってみると案外普通な日常かもしれませんが、それこそが身長を伸ばす(成長させる)ために一番大切なことだったのです。
この習慣は大人になってからも大切なので、できることならパパ・ママも心にとめておきたいところです。
しっかり食べ、いっぱい働き、ぐっすり眠る。

睡眠時間が足りない現代人ですが、できる限り決まった時間の睡眠をとれるよう心がけてみましょう。

>>プラステンアップを公式サイトでどこよりもお得にGET