身長を伸ばすためにどうしたらいいか?答えは簡単。

・バランスの良い食事
・しっかりと運動
・毎日ぐっすり眠る
・成長ホルモンを促進させる
・骨に作用して成長
・結果→身長が伸びる

って、簡単じゃないやん!って思いますよね。私も同感。という身長を伸ばす工程をすっ飛ばすのが「新成分バイオシサス」なんです。
なにがスゴイって、このバイオシサスは直に、じかに骨に作用するんです。直接骨に届くことによって比較的簡単に身長を伸ばす効果を期待できるようになりました。
がしかし自然の野菜や果物からバイオシサスを摂取するのはちょっと困難。現状ではサプリメントなどからの摂取が一般的ですね。
夢のような成分「バイオシサス」ですが、古代インドでは骨折の治療や炎症抑制などに使われていたようです。
ただ勘違いしてはいけないのが、

『バイオシサスのサプリ飲んでれば夜更かししても野菜食べなくてもオッケ~』なんて話ではありません。
プラステンアップ
プラステンアップ
生活習慣、食生活、運動、睡眠と、どれも成長ホルモンの分泌を促進させるためには必要です。

野菜・お肉・魚とバランスの良い食事をとり、スポーツなどで適度な運動も取り入れていきましょう。
ゲームをしていて夜更かし・・・なんてことは避けるべき。しっかり睡眠をとることが何より大切です。
これらの生活習慣をしっかり身に着けさせつつ、バイオシサスを取り入れる事で最大限の効果を引き出すことができるでしょう。
新成分バイオシサスと上手な付き合いができてこそ、より効果的に身長を伸ばすことにつながるのです。

親の低身長を引きつぐの?!思春期に注意な理由


身長が低い。身長が伸びない。

その理由の1つが、タイトルにも書いた思春期。一見すると身長には関係なさそうですが、実は成長期と深い関係があるのです。
思春期を早めに迎えてしまう子供は、標準的な時期より早いために成長が未完成。つまりは未熟なまま第二次成長期がスタートします。
成長期のスタートが早い・・・ということは、成長期の終わりも早いのです

身長の伸び始めが早すぎるために、伸びきる前に成長期が終了していまうということ。なんだかもったいない気もしますが、この現象は両親から引き継ぐことがあるんですね。
1~10まで成長する時間があるのに、早くからフライングしたために1~6までしか身長を伸ばす時間が無かった。こんな時はどうするのか?

◆成長ホルモンを補充◆

ちょっと驚きですが、成長ホルモンを注射することが出来るのです。個人的にはビックリなんですが、成長ホルモンの分泌を促すよりも効果は出やすいそうです。
なにしろ直接「必殺・成長ホルモン~~~!!!!」と言わんばかりに体内に入れるのですから。
欲を言えば、思春期に入る前からこの治療ができるのが望ましいです。理想は小学校低学年。
成長サイクルの変化に気づくためにも、出生後から我が子がどう成長してきているのか見守っておくことが大切です。
より早く治療をスタートすることで、身長を伸ばせる可能性も広がります。
ご自身が子供のころどうだったのか?ご両親に相談してみるのも手かもしれませんね。

>>プラステンアップを公式サイトでどこよりもお得にGET