身長が伸びない理由の1つに「小食」があります。そして小食の理由の1つが「好き嫌い」です。

誰しも身に覚えがあるかもしれませんが、成長過程の子供たちにとって好き嫌いは大問題!
危機感のない親御さんを見かけることが増えた今日この頃ですが、「うちの子は好き嫌い多いのよ~ww」って笑いごとじゃないんです!

・お肉しか食べない
・ご飯しか食べない
・お菓子しか食べない

などなど、好き嫌いにもいろいろあるとは思いますが、どれかに偏るということは栄養バランスを損なうということです。

つまりは「成長ホルモンの分泌を絶賛妨害中!」ということ。身長が伸びるはずありません。

身長だけじゃないですよ?体力・注意力・判断力などなど子供のうちから培われるあらゆる成長にかかわってきます。

ここでは身長に特化してお話しますが、何においても成長ホルモンが必要不可欠。まずは好き嫌いを克服させるべく、料理を工夫するなどの方法が有効です!
「ここにニンジン入ってるのよ~。気づかなかったでしょ?笑」
なんて、子供のころにお母さんに言われたことがありました。まさにこれです。
子供たちにも食べられるよう工夫してあげる事が、結果として我が子の成長を促すことになるのです。

・小食が治ればいい
・大食いになればOK
・とにかくいっぱい食べればいいんでしょ!

なんて雑な考え方は今すぐ捨てましょう。お菓子のドカ食いなんて覚えられた日には取り返しがつきません。

(私はたま~にやっちゃいますが。汗)

ご飯もお魚も、お肉も野菜もまんべんなく食べさせてあげる事がとっても重要なんですね。

あ、あと睡眠と運動も。

プラステンアップ 三大要素

「牛乳をたくさん飲みなさい」

これ、言われたことありませんか?カルシウムを摂れば身長が伸びる。そしてカルシウムとは牛乳だ!
私を含め多くの方がこんな話を聞いたことがあるはず。
ですが実は牛乳から吸収できるカルシウムって50%しかないんです。
そう、たったの半分。

牛乳だけをガブガブ飲んだところで摂取できるカルシウムには限界があるんですね。

下手すればお腹を壊す可能性もありますし・・・。
そこでカルシウムを上手に吸収できるように手伝ってくれる成分が必要です。そんな素敵な栄養素のひとつが「マグネシウム」。
このマグネシウムはカルシウムを骨に吸収させる量をうまいことやってくれるんです。マグネシウムを摂れる食品といえば「青のり」や「わかめ」が代表的。

体の成長・身長の伸びにカルシウム×マグネシウムのコンビは必要不可欠。
さらにビタミンCとDもなかなかの役者です。カルシウムをもっと吸収するように働きかけてくれるのがビタミンD(きくらげ・塩辛・カツオなど)。そして若さの秘訣「コラーゲン」の生成を助けてくれるのがビタミンCなのです。
これらの栄養素・成分があるからこそ、牛乳のカルシウムもより活きてくるという訳ですね。
もちろんこれ以外にもクエン酸やアルギニンなどカルシウムの吸収を促進してくれる栄養素は存在します。これらを一緒に摂れるよう心がける事で、カルシウムを積極的に吸収できるようになるのです。

ただし注意!身長を伸ばす働きを手伝うタンパク質ですが、このタンパク質を摂りすぎるとカルシウムを追い出す働きが増してしまう可能性アリ。

バランスよく摂ることを心がけましょう。

>>プラステンアップを公式サイトでどこよりもお得にGET